山種美術館

山種美術館
HOME > 展覧会 > 次回の展覧会

次回の展覧会

【特別展】没後80年記念
竹内栖鳳

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

動物を描けばその体臭までも表す

近代京都画壇の中心的存在として活躍した竹内栖鳳(せいほう) (1864-1942)。栖鳳は、円山・四条派の伝統を引き継ぎながらも、さまざまな古典を学びました。1900(明治33)年にパリ万博視察のため渡欧、現地の美術に大きな刺激を受けた栖鳳は、帰国後、西洋絵画の技法も取り入れ、水墨画など東洋画の伝統も加味して独自の画風を確立し、近代日本画に革新をもたらしました。栖鳳の弟子・橋本関雪(かんせつ)によれば、動物を描けばその体臭まで描けると栖鳳自身が語ったというその描写力は、高く評価され、今なお新鮮な魅力を放っています。また優れた教育者でもあった栖鳳は、多くの逸材を育て、近代日本画の発展に尽くしました。

没後80年を記念し、山種美術館では10年ぶりに竹内栖鳳の特別展を開催します。本展では、動物画の傑作にして栖鳳の代表作《班猫》【重要文化財】をはじめ、東京国立博物館所蔵の《松虎》(前期展示)、個人蔵の初公開作品を含む優品の数々とともに、その画業をたどります。さらに、京都画壇の先人たち、同時代に活躍した都路華香(つじかこう)や山元春挙(やまもとしゅんきょ)のほか、栖鳳の門下である西村五雲(ごうん)、土田麦僊(ばくせん)、小野竹喬(ちっきょう)らの作品もあわせて紹介します。また弟子の一人、村上華岳(かがく)による《裸婦図》【重要文化財】を特別に公開します。

近代日本画の最高峰といえる栖鳳の傑作の数々、そして京都画壇を代表する名だたる画家たちの名品をご堪能ください。

img2207-01.jpg 竹内栖鳳
《松虎》 東京国立博物館 [前期展示10/6-11/6]
Image:TNM Image Archives
img2207-02.jpg 竹内栖鳳
《潮来小暑》

本展のみどころ

みどころ①
本展限りの撮影チャンス! アイドルねこ《班猫》登場!

猫の柔らかな毛並み、しなやかな動きの一瞬をとらえた 《班猫》【重要文化財】は、多くの人を魅了し続けています。
今回、特別に《班猫》を写真撮影いただけます!お見逃しなく!
※マナーを守って撮影ください。

img2207-01.jpg 竹内栖鳳
《班猫》 【重要文化財】
みどころ②
あなたの知らない栖鳳作品に出会えます!

当館所蔵の栖鳳作品全26点をはじめ、個人蔵の初公開作品を数多く含む初期から晩年までの栖鳳作品が一堂に会します。動物や風景をバリエーション豊かに描き出した栖鳳芸術の変遷をご覧ください。

img2207-01.jpg 初公開 竹内栖鳳
《海幸》
みどころ③
村上華岳《裸婦図》【重要文化財】をはじめ、京都画壇の名だたる画家たちの名作が揃います!

江戸時代から近代・現代に至るまで、京都画壇の選りすぐりの画家たちの競演をお楽しみいただけます。

西山翠嶂 《狗子》 西山翠嶂
《狗子》
img2207-02.jpg 西村五雲
《白熊》
img2207-01.jpg 村上華岳
《裸婦図》【重要文化財】
展示予定作品
(上記のほか)
竹内栖鳳:《真桑瓜図》(個人蔵)、 《双鶴》、 《白菜》(個人蔵)、 《みゝづく》、 《蛙と蜻蛉》、 《憩える車》、 《艸影帖・色紙十二ヶ月》
伝 長沢芦雪《唐子遊び図》【重要美術品】、 都路華香《萬相亭》、 山元春挙《曠原放牧図》 ほか
※所蔵表記のない作品はすべて山種美術館蔵。
※出品内容には変更が入る場合があります。
※作品画像の転載・流用はご遠慮ください。
※ 会期中、一部展示替えあり。前期10月6日(木)-11月6日(日) 後期11月8日(火)-12月4日(日)
会  期
2022年10月6日(木)~12月4日(日)
会  場
山種美術館
主  催
山種美術館、日本経済新聞社
開館時間
午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日 [10/10(月)は開館、10/11(火)は休館]
入館料
一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料(付添者の同伴が必要です)
障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)一般1100円、左記いずれかのうち大学生・高校生900円
※きもの特典:きものでご来館のお客様は、一般200円引き、大学生・高校生100円引きの料金となります。
※複数の割引・特典の併用はできません。
入館日時のオンライン予約も可能です。
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
  TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)
Copyright © 2010 - Yamatane Museum of Art