山種美術館

山種美術館
展覧会

過去に開催された展覧会

【この展覧会は終了しました】
【特別展】没後70年 竹内栖鳳―京都画壇の画家たち―
会 期 : 2012年9月29日(土)~11月25日(日)
※会期中、一部展示替えを行います  前期展示(9/29~10/28) 後期展示(10 /30~11/25)
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
協賛: SMBCフレンド証券
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、10/8は開館、翌火曜日は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800)円・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
  • ※障害者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
  • ※本展覧会は特別展のため、通常展とは料金が異なります。
◆お得な割引サービスを実施中です◆
半券割引サービス
出品作品:
与謝蕪村《野馬図》 円山応挙《虎図》(東京国立博物館蔵) 《竹雀図小襖》 《雪中双猿図》 呉春《落葉詩客図》 森狙仙《春風猿語図》 長沢芦雪《岩上双鶴図》
竹内栖鳳《池塘浪静》(京都市美術館蔵) 《雨霽》(東京国立近代美術館蔵) 《飼われたる猿と兎》(東京国立近代美術館蔵) 《虎・獅子図》(三重県立美術館蔵) 《象図》 《絵になる最初》(京都市美術館蔵) 《班猫》【重要文化財】(山種美術館蔵) 《蹴合》 《若き家鴨》(京都国立近代美術館蔵) 《雄風》(京都市美術館蔵)
上村松園《新蛍》 /西村五雲《白熊》/ 《松鶴》 西山翠嶂《狗子》/ 村上華岳《裸婦図》 (5点ともに山種美術館蔵)
※会期中、一部展示替えを行います
●前期展示(9/29~10/28) ○後期展示(10/30~11/25) 無印は全期展示(9/29~11/25)
※出品内容には変更が入る場合があります

2012年は、「東の大観(たいかん)、西の栖鳳(せいほう)」と並び称された日本画家・竹内栖鳳(1864-1942)の没後70年にあたります。京都に生まれた栖鳳は、早くからその才能を開花させ、30代で京都画壇を代表する画家にのぼりつめました。栖鳳が描き出す、いきものや自然がみせる一瞬の姿を軽やかに捉えた作品は、今なお精彩に富み、新鮮な魅力を放っています。

パリ万博が開催された1900(明治33)年、ヨーロッパ遊学を果たした栖鳳は、渡欧先で西洋美術にじかに触れることで大きな刺激を受けました。帰国後、円山四条派の写生を軸にした画風に、西洋美術の要素をとり入れた新しい表現を生み出していきます。洗練された感性と優れた筆技によって動物、風景、人物と様々な主題を手掛け、日本画の近代化に積極的に取り組みました。

本展では、近代の京都画壇を牽引した栖鳳の画業を、《飼われたる猿と兎》、《絵になる最初》、《蹴合》、《班猫》【重要文化財】、《若き家鴨》など初期から最晩年までの傑作を通してたどります。

また、京都画壇の歴史的展開にも注目し、栖鳳の造形的源泉となった円山派の祖・円山応挙(おうきょ)をはじめとする江戸時代の作品を併せてご紹介いたします。さらに、栖鳳の指導を受けて活躍した上村松園(しょうえん)、西村五雲(ごうん)ら弟子たちの作品を通して、江戸から近代へといたる円山四条派のDNAの核心に迫ります。

img02.jpg
円山応挙《虎図》
東京国立博物館蔵(前期展示)
竹内栖鳳《蹴合》(後期展示)
竹内栖鳳《蹴合》
(後期展示)
竹内栖鳳《斑猫》山種美術館蔵
竹内栖鳳《班猫》
山種美術館蔵
竹内栖鳳《潮来小暑》山種美術館蔵
竹内栖鳳《潮来小暑》
山種美術館蔵
竹内栖鳳《若き家鴨》京都国立近代美術館蔵(前期展示)
竹内栖鳳《若き家鴨》
京都国立近代美術館蔵(前期展示)
img10.jpg
竹内栖鳳《象図》
(前期展示)
竹内栖鳳《絵になる最初》京都市美術館蔵(後期展示)
竹内栖鳳《絵になる最初》
京都市美術館蔵(後期展示)
村上華岳《裸婦図》山種美術館蔵
村上華岳《裸婦図》
山種美術館蔵