展覧会
HOME > 展覧会 > 次回の展覧会

次回の展覧会

【開館55周年記念特別展】

上村松園・松篁

―美人画と花鳥画の世界―
【開館55周年記念特別展】 上村松園・松篁 ―美人画と花鳥画の世界―
会期: 2022年2月5日(土)~4月17日(日)
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
休館日: 月曜日[3/21(月)は開館、3/22(火)は休館]
入館料: 一般1300円、中学生以下無料 (付添者の同伴が必要です)
[春の学割]大学生・高校生500円※本展に限り、特別に入館料が通常1000円のところ半額になります。
障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)1100円
※きもの特典:きものでご来館された方は、一般200円引きの料金となります。
※複数の割引・特典の併用はできません。
※入館日時のオンライン予約ができます
関連イベント:

一年間を通じ開催してきた山種美術館開館55周年記念の最後を飾る展覧会として、当館と縁の深い日本画家・上村松園(1875-1949)と、その長男で生誕120年を迎える上村松篁(1902-2001)に焦点を当てた特別展を開催します。

美人画の名手として知られる女性画家・上村松園は、生涯にわたり気品あふれる女性像を描きました。江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した美人画を描いて京都画壇で活躍し、1948年には女性として初めて文化勲章を受章しています。当館創立者の山﨑種二が、松園と親しく交流しながら蒐集した計18点の作品は、代表作《砧》《牡丹雪》を含む屈指の松園コレクションとして知られます。

また、松園の長男・上村松篁は、花鳥画を得意としました。官展を中心に出品を重ねたのち、1948年には創造美術(現・創画会)を結成し活躍します。写実を基礎とする洗練された格調高い花鳥を描き続け、京都画壇を牽引しました。

本展では、当館が所蔵する松園の美人画と松篁の花鳥画、さらには、松篁の長男である上村淳之の作品のほか、同時代の画家による優品の数々を展示します。美人画と花鳥画が織りなす華やかで優美な世界をご堪能いただければ幸いです。

本展の
みどころ
1. 山種コレクションの上村松園・松篁作品を一挙公開!
松園の代表作《砧》《牡丹雪》をはじめとする全18点、ならびに松篁の逸品《白孔雀》を含む全9点が一堂に会す展示は、今回が初めてです。ぜひこの機会にご堪能ください。
2. 松園、松篁、淳之の上村家三代の作品を東京で観られる特別展!
京都で活躍した松園、松篁、そして今も画壇を牽引する淳之の作品を一度に東京で観られる貴重な機会です。
3. 珠玉の美人画、花鳥画の優品をご紹介!
「西の松園、東の清方」と称された鏑木清方やその弟子・伊東深水、松篁と同時代に活躍した橋本明治らによる優品の数々もあわせてご紹介します。
主な出品作品

  • 上村松園
    《新蛍》

  • 上村松園
    《春のよそをひ》

  • 上村松園
    《砧》

  • 上村松園
    《春芳》

  • 上村松園
    《牡丹雪》

  • 上村松篁
    《白孔雀》
    © Atsushi Uemura 2021 /JAA2100291
■展示予定作品:(上記のほか)
上村松園: 《蛍》、 《詠哥》、 《娘》、 《杜鵑を聴く》、 《庭の雪》 など計18点
上村松篁: 《日本の花・日本の鳥》、 《千鳥》、 《閑鷺》、 《竹雪》、 《春鳩》 計9点
鏑木清方《伽羅》、 伊東深水《婦人像》、 上村淳之《白い雁》 ほか約60点
※すべて山種美術館蔵
※出品内容には変更が入る場合があります。
※作品画像の転載・流用はご遠慮ください。