Seed 山種美術館 日本画アワード 2019
HOME > Seed 山種美術館 日本画アワード 2019
Seed2019-logo.jpg
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019
― 未来をになう日本画新世代 ―
Yamatane Museum of Art NIHONGA AWARD: Seed 2019
― Meet the Future of Nihonga

開催概要

山種美術館では、日本画の新たな創造に努める優秀な画家の発掘と育成を目指し、公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019」を開催いたします。
1966(昭和41)年、日本初の日本画専門の美術館として開館した当館は、日本画の奨励・普及活動の一環として、1971(昭和46)年に「山種美術館賞」を創設しました。以後、1997(平成9)年までの隔年14回にわたって実施した「山種美術館賞展 今日の日本画」は、当時、新人の登竜門として広く注目を集めていました。
2016(平成28)年には、創立50周年を記念し、「山種美術館賞展」の趣旨を継承しつつ、推薦制から公募制に改めるなど、時代に即したかたちで装いを新たにした「Seed 山種美術館 日本画アワード」をスタートさせ、全国から約260点の応募作品が寄せられました。今回はその第2回目となり、「山種美術館賞展」から数えて通算16回目にあたります。
名称に使用した「種」を意味する「Seed(シード)」には、創立者で初代館長の山崎種二の「種」、山種美術館の「種」、そして日本画の未来につながる「種」を発掘し、育てるという願いを込めました。当館では、日本独特の自然や風土の中で、長いときをかけて磨かれてきた日本画の魅力を、世界に向けて発信するとともに、未来に引き継いでいきたいと考えています。本アワードは、当館の活動における最も重要な取り組みの一つであり、この取り組みを通して、新しい時代に向けた日本画家の育成と日本画の発展に貢献することができればと願っています。これからの日本画界、そして日本画の将来をになう若手アーティストの皆様からのご応募をお待ちしています。

応募要項

Ⅰ出品規定:

1)資 格  満45歳以下(2019 年4月1日時点)、日本国内在住者(国籍不問)
2)部 門  日本画(表現や内容は自由とする)
3)点 数  1人1点
4)出品料  1次審査は無料、本審査出品者(1次審査通過者)のみ10,000円(税別)
5)応募作品
  1. 本人制作による新作に限る
    • 応募時から遡って1年以内に制作された作品とする
    • 共同制作による作品は不可
    • 個展、グループ展などで発表された作品は可
    • 公募展などの既発表作品およびその作品に加筆した作品は不可
  2. 平面作品に限る
    • 立体作品、映像作品は不可
  3. 形状
    • 額装、軸装、屛風装いずれも可 分割画面も可
    • パネルのみは不可〔作品保護のため、原則額装(仮縁可)〕
    • 額、仮縁は展示に耐え得る吊り金具を必ず付けること
    • アクリル、ガラス使用不可
  4. 作品の大きさ
    • 外寸 縦170cm×横170cm以内
      (目安 S規格で100号程度 / 額、枠、表具含む 分割画面の展示範囲も上記規定内)
  5. 作品の厚み
    • 10cm以内(厚みは作品および額装を含めたもの)
  6. 作品の重量
    • 30kg以内
  7. 画材
    • 基本的には日本画の画材である墨、岩絵具、胡粉、膠などを主に使用すること
    • ミクストメディア(混合技法)も可
      日本画の画材を中心に使用しながら、部分的にアクリル絵具、油彩、水彩も使用可
    • 写真の使用は不可(コラージュへの使用不可)
    • 基底材は紙、絹のほか、綿布、麻布(カンヴァス)も使用可(板に直接描いた作品は不可)
    • 多様な画材を使用しながらも、従来の日本画の技法に立脚した作品
  8. 落款(署名および印)は入れないこと

Ⅱ 応募期間:2019年2月20日(水)~4月8日(月)

Ⅲ 選考方法:2段階審査

1) 1次審査
下記審査員および山種美術館学芸部による作品の写真審査
  1. 応募方法:応募フォームに必要事項を入力、写真を添付して送信してください
      *応募受付は、2019年2月20日(水)~4月8日(月)の間に行います
       上記期間に、本応募案内ページ内に掲載する「応募フォーム」よりご応募ください
  2. 1次審査出品料:無料
2) 本 審 査
下記審査員による1次審査通過作品の審査
  1. 応募資格:1次審査通過者のみ(Eメールと郵送にて詳細を通知)
  2. 応募方法:審査会場に作品を搬入(通知書の指示に従ってください)
  3. 本審査出品料:10,000円(税別)
審査員: 竹内 浩一(日本画家)
佐藤 道信(東京藝術大学 教授)
松村 公嗣(日本画家)
宮廻 正明(日本画家)
安村 敏信(一般財団法人 北斎館 館長)
山下 裕二(明治学院大学 教授)
山崎 妙子(山種美術館 館長)
               * 敬称略

Ⅳ 審査結果発表: 2019年6月上旬

1)山種美術館HP上にて審査結果を発表
2)入選者および選外者には、Eメールと郵送にて通知
3)入選作品は「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―」展において展示、同展図録に掲載
◆大賞  1名  副賞 200万円
◆優秀賞 1名  副賞 100万円
◆特別賞(セイコー賞) 1名  副賞 腕時計
◆奨励賞 5名  副賞 画材(谷中得応軒)

Ⅴ 展覧会:【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】 Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―

会期 2019年8月10日(土)― 8月23日(金)
会場 山種美術館

Ⅵ 表彰式:2019年8月13日(火)

Ⅶ 注意事項: * 応募前に必ずお読みください

1) 未乾燥の状態や移動に耐えることのできない脆弱な作品、他の作品を破損や汚損する
恐れのある作品は受け付けることができません
2) 本審査出品料の振込手数料は、各自ご負担ください
3) 支払い後の出品料は、理由の如何に拘わらず返金しません
4) 出品規定並びに応募方法に違反する場合は、審査の対象外もしくは失格となります
5) 入選・受賞が決定された後でも、出品規定および法令等に反していることが明らかになった場合は、その入選・受賞を取り消しとします
6) 審査結果の問い合わせには応じません
7) 審査に対する異議申し立てには応じません
8) 入選作品は主催者が撮影し、その画像および申込用紙の記載事項は、本展の展覧会、図録、広報印刷物、ホームページ、報道等の取材に使用、掲載されることを、出品者は承諾するものとします
9) 大賞・優秀賞受賞作品は副賞賞金による買上とし、この作品に関する所有権、著作権等、一切の権限は主催者に帰属するものとします
10) 応募者の個人情報は、本アワード以外の目的、用途には使用いたしません
個人情報の保護には最大限努めるとともに、適切な管理を行います
seed2019-flow.jpg
■応募に関するお問い合わせ先 Seed 山種美術館 日本画アワード 事務局
E-mail seed2019-yamatanemuseum@tokyo-marui-art.jp

主催:山種美術館
後援:文化庁、東京都、読売新聞社
協賛:セイコーホールディングス(株)
協力:谷中得応軒

* 掲載の情報は2018年8月現在のものです。内容は変更になる場合もあります。