展覧会

過去に開催された展覧会

【この展覧会は終了しました】
【特別展】生誕140年記念 川合玉堂 ―日本のふるさと・日本のこころ―
会 期 : 2013年6月8日(土)~8月4日(日)
〔一部展示替 前期:6/8~7/7 後期:7/9~8/4〕
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、朝日新聞社
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日
(但し、7/15は開館、7/16休館)
入館料: 一般1,200円(1,000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
  • ※本展覧会は特別展のため、通常展とは料金が異なります。
【お得な割引サービス】
リピーター割引:本展使用済入場券のご提出で、会期中の入館料が団体料金となります
(1枚につき1回限り有効)
インターネット割引券はこちら
出品作品: 川合玉堂:《写生帖》(玉堂美術館) 《鵜飼》(山種美術館)、 《焚火》(五島美術館) 《二日月》(東京国立近代美術館) 《紅白梅》(玉堂美術館)、 《柳蔭閑話図》 《磯千鳥図》(松岡美術館) 《石楠花》(山種美術館)、 《春風春水》(山種美術館)、 《山雨一過》(山種美術館)、 《早乙女》(山種美術館)、 《松竹梅》のうち「竹」[横山大観、竹内栖鳳との合作] (山種美術館)
ほか約85点
★前期展示(6/8~7/7) ☆後期展示(7/9~8/4) ■場面替えあり 無印は全期間展示

※出品内容には変更が入る場合があります。

2013(平成25)年は、日本の自然や風物を詩情豊かに表現し、今も多くの人々を魅了し続ける日本画家・川合玉堂(1873-1957)の生誕140年にあたります。この節目の年に、当館所蔵の71点の玉堂作品を中心に他館からも代表的な作品を借用し、玉堂の画業全体を振り返る展覧会を開催いたします。

愛知で生まれ風光明媚な岐阜で育った玉堂は、14歳で京都の円山四条派の望月玉泉や幸野楳嶺の元で本格的に日本画を学び、早くから才能を開花させました。本展では、初期の代表作《鵜飼》(山種美術館)、上京して橋本雅邦に師事した頃の狩野派の影響の色濃い《渓山秋趣》(山種美術館)、転換期の作品といわれる《二日月》(東京国立近代美術館)、《紅白梅》(玉堂美術館)を始めとする琳派や南画等さまざまな研究を経て新たな境地を拓いた作品、そして晩年の情趣深い画境に至るまでを展観いたします。また、長らく公開されることがなく、再発見とも言うべき作品《柳蔭閑話図》をこのたび特別に展示します。初公開となる《写生帖》(玉堂美術館)と18歳の玉堂が友人と編んだ同人誌『硯友会雑誌』(玉堂美術館)など、若き玉堂の熱心な研究の足跡を垣間見ることができる資料もご覧いただきます。

1957(昭和32)年、玉堂の訃報に接した日本画家・鏑木清方は「日本の自然が、日本の山河がなくなってしまったように思う」と嘆いたと言われています。俳句や和歌を嗜み、文学にも造詣の深い玉堂が描いた穏やかな風景は、今なお見る者の郷愁を誘い、私たちの心を癒してくれます。当館の創立者・山崎種二は玉堂と親しく交流し、しばしば青梅の玉堂邸を訪れるほどの間柄でした。そのご縁により、当館は玉堂の代表作の数々を所蔵しています。本展開催にあわせて修復し初公開となる作品、書や陶器の絵付けなど、これまでほとんど紹介されていないものも加え、当館所蔵の玉堂作品全点をご紹介するのは開館以来初の試みです。日本のふるさとやこころを描き続けた玉堂の魅力を心ゆくまでご堪能ください。

※「崎」の本来の表記は「山」偏に「竒」ですが、パソコン、携帯電話等の画面の読みやすさを優先し「崎」を使用しています。

《焚火》
《焚火》
五島美術館
[後期展示(7/9~8/4)]
《鵜飼》
《鵜飼》
山種美術館
《二日月》
《二日月》
東京国立近代美術館
[前期展示(6/8~7/7)]
130608_7.jpg
《山雨一過》
山種美術館
《紅白梅》
《紅白梅》
玉堂美術館
《春風春水》
《春風春水》
山種美術館
《磯千鳥図》
《磯千鳥図》
松岡美術館
[後期展示(7/9~8/4)]