展覧会

開催中の展覧会

20160319-00.png
会期: 2016年3月19日(土)~5月22日(日)
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、3/21、5/2は開館、3/22は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
※ 複数の割引の併用はできません。
主な出品作品: 第1章 土牛芸術の礎
《甲州街道》、 《麻布南部坂》(個人蔵)、 《胡瓜畑》(東京国立近代美術館)、 《雨趣》、 《枇杷と少女》
ほか
第2章 描くこと 見つめること
《雪の山》、 《城》、 《鳴門》、 《茶室》、 《門》、 《兎》、 《舞妓》、 《水蓮》、 《浄心》、 《那智》、
《醍醐》ほか
第3章 白寿を超えて
《閑日》(東京国立近代美術館)[4/19-5/22展示]、 《北山杉》、 《吉野》、 《海》、 《富士宮の富士》、 前田青邨《土牛君の像》(東京国立近代美術館)[3/19-4/17展示]ほか
約70点
※表記の無い作品は奥村土牛筆、山種美術館蔵
※都合により変更の場合がございます

2016(平成28)年、山種美術館は開館50周年を迎えます。当館は、山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創始者である山﨑種二(1893-1983)のコレクションをもとに、1966(昭和41)年、日本初の日本画専門美術館として開館しました。現在、約1800点におよぶ所蔵品のうち、中核をなす近代・現代日本画のコレクションは、種二と画家達との親しい交友を通し、収蔵された点に特徴があります。開館50周年記念第1弾として開催する本展では、国内屈指の作品数(135点)を有し、まだ無名だった研鑽の時代から50年以上にわたり、当館の歴代館長と親しく交流した画家・奥村土牛(1889 - 1990)に焦点を当て、その全貌をご紹介します。

土牛は、画家志望であった父親のもと10代から絵画に親しみ、梶田半古(1870-1917)の画塾で生涯の師と仰ぐ小林古径(1883 - 1957)に出会います。38歳で院展初入選と遅咲きでありながらも、40代半ばから名声を高め、100歳を超えても制作に取り組みました。また、半古や古径から学んだ「写生」や「画品」を重視する姿勢を生涯貫き、「絵を通して伝わってくるのは作者の人間性」という自らの言葉を体現するような、清らかで温かみ溢れる作品を数多く生み出しました。

本展では、画業の初期の作品《麻布南部坂》(個人蔵)、《胡瓜畑》(東京国立近代美術館)から、活躍の場であった院展への数々の出品作《雪の山》《聖牛》《城》などを中心に、古径を偲んで描いた《醍醐》《浄心》や、実景の丹念な写生に基づく《鳴門》といった代表作など、他所蔵先から拝借した名品を含め約60点を通し、土牛の101年の生涯をたどります。

土牛という雅号は、「土牛石田を耕す」の中国・唐の詩から父親が名付けたものです。その名の通り、地道に画業へ専心し続けた土牛。80歳を超えてなお「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」と語り、精進を重ねました。山種美術館が開館50周年を迎えるこの機会に、当館と縁が深く、近代・現代を代表する日本画家として、人々に愛されている土牛の作品と生涯をご紹介いたします。

(※表記の無い作品はいずれも山種美術館蔵)
本展の
みどころ
1. 日本屈指の土牛コレクションから名品を厳選し、一挙公開!
当館は、土牛による戦後の院展出品作のほとんどを所蔵。質・量ともに最高峰の土牛コレクションです。さらに他館所蔵の名品とあわせ、《醍醐》《鳴門》など粒揃いの作品を展示。土牛の初期から晩年の代表作ばかりを一堂にご覧いただける山種美術館ならではの特別な機会です。
2. 16年ぶりに公開の秘蔵作品や院展デビュー作など、初期の貴重な作品をご紹介!
本展では、16年ぶりの公開となる秘蔵の名品《麻布南部坂》(個人蔵)や、院展初入選作である《胡瓜畑》(東京国立近代美術館、3/19 – 4/17展示)など、土牛芸術の源泉をたどる上で重要な初期の作品にご注目!
20160319-01.jpg
《胡瓜畑》
東京国立近代美術館
[3/19-4/17展示]
20160319-05.jpg
《舞妓》
山種美術館
20160319-06.jpg
《水蓮》
山種美術館
20160319-02.jpg
《城》
山種美術館
20160319-03.jpg
《鳴門》
山種美術館
20160319-07.jpg
《閑日》
東京国立近代美術館
[4/19-5/22展示]
20160319-04.jpg
《吉野》
山種美術館
※ 全て奥村土牛筆