山種美術館

山種美術館
展覧会

開催中の展覧会

【特別展】

生誕110周年
奥田元宋と日展の巨匠

―福田平八郎から東山魁夷へ―
【特別展】生誕110周年 奥田元宋と日展の巨匠 ―福田平八郎から東山魁夷へ―
会期: 2022年4月23日(土)~7月3日(日)
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、朝日新聞社
開館時間: 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日[5/2(月)は開館]
入館料: 一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料(付添者の同伴が必要です)
障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)1100円 、左記いずれかのうち大学生・高校生900円
※きもの特典:きものでご来館された方は、一般200円引き、大学生・高校生100円引きの料金となります。
※複数の割引・特典の併用はできません。
※入館日時のオンライン予約ができます
関連イベント:

戦後の日本画壇を牽引した奥田元宋(1912-2003)の生誕110周年を記念し、元宋とその活躍の舞台となった日展(日本美術展覧会)の画家たちを紹介する展覧会を開催します。元宋は広島に生まれ、17歳で上京し、遠縁にあたる同郷出身の日本画家・児玉希望に入門します。1936(昭和11)年、日展の前身である文展(文部省美術展覧会)に初入選、以後、官展(政府主催の展覧会)へ出品を重ねました。戦後は、「元宋の赤」とよばれる赤を基調に、雄大な自然を描いた独自の風景画を確立しました。また、和歌にも秀で、1981年には宮中歌会始の召人に選ばれています。

本展では、「元宋の赤」が際立つ大作《奥入瀬(秋)》(山種美術館)、ならびに《奥入瀬(春)》(個人蔵)を同時に公開するほか、宮中歌会始の際の和歌を記した作品も展示します。

さらに、文展、帝展(帝国美術院展覧会)、日展へと続く官展の歴史を振り返りながら、帝展時代から活躍した福田平八郎をはじめ、川合玉堂の第1回日展出品作、「日展三山」と称された東山魁夷・杉山寧・髙山辰雄のほか、山口蓬春、山口華楊など日展で活躍した名だたる画家たちの優品とともに、20世紀の日本画壇をリードしてきた人気作家たちの足跡をたどります。

本展の
みどころ
1. 元宋の代表作《奥入瀬》の「秋」(山種美術館)と「春」(個人蔵)を同時に公開! 2点が並ぶのは10年ぶり!
元宋が古希(70歳)を過ぎてから取り組んだ大作《奥入瀬》の「秋」(1983年)と「春」(1987年)を同時に展示します。迫力ある画面が展示室に広がります!
2. 元宋の代表作に加え巨匠たちの名品が揃います!
文展、帝展、日展で活躍した川合玉堂、松岡映丘、福田平八郎、東山魁夷など巨匠たちの優品が一堂に会します。名だたる画家たちの競演をご堪能ください!
主な出品作品

  • 奥田元宋
    《玄溟》

  • 奥田元宋
    《奥入瀬(秋)》

  • 奥田元宋
    《奥入瀬(春)》(個人蔵)

  • 川合玉堂
    《山雨一過》

  • 山口華楊
    《生》

  • 東山魁夷
    《緑潤う》
■展示予定作品:(上記のほか)
奥田元宋:《山澗雨趣》、 《松島暮色》、 《召人の歌 御題「音」》、 《日本の四季 (書)》、 《湖畔春耀》など計8点
松岡映丘《山科の宿 雨やどり・おとづれ》のうち「おとづれ」、 福田平八郎《筍》、 山口蓬春《芍薬》、 児玉希望《モンブラン》、 橋本明治《月庭》、 東山魁夷《秋彩》、 杉山寧《霽》、 髙山辰雄《坐す人》、 佐藤太清《清韻》  ほか
※所蔵表記のない作品はすべて山種美術館蔵。
※出品内容には変更が入る場合があります。
※作品画像の転載・流用はご遠慮ください。
オンライン展覧会のご案内