展覧会

開催中の展覧会

【特別展】 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで―
会期: 2014年9月23日(火・祝)~11月16日(日)
※会期中、一部展示替えあり。前期:9月23日~10月19日、後期:10月21日~11月16日
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
協賛: SMBCフレンド証券
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、10/13(月) 11/3(月)は開館、10/14(火) 11/4(火)は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800)円・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
リピーター割引:本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります 。
(1名様 1枚につき 1回限り有効)

きもの割引:会期中、着物でご来館のお客様は、団体割引料金となります。
※ 複数の割引の併用はできません。
出品作品: 藤原伊行《戊辰切(和漢朗詠集)》【重要美術品】、 岩佐又兵衛《官女観菊図》【重要文化財】、 俵屋宗達(絵)・本阿弥光悦(書)《四季草花下絵和歌短冊帖》、 酒井抱一《秋草鶉図》【重要美術品】、 鈴木其一《芒野図屏風》(千葉市美術館)、 横山大観《喜撰山》、 松岡映丘《春光春衣》、 奥村土牛《鵜》、 川端龍子《草の実》(大田区立龍子記念館)、 速水御舟《名樹散椿》【重要文化財】、《昆虫二題》、 山本丘人《真昼の火山》、 加山又造《満月光》、《華扇屏風》、 田渕俊夫《輪中の村》 他、全約70点
※所蔵先を記載していない作品は山種美術館蔵。
※出品内容には変更が入る場合があります。

いつの時代も人々の心を惹きつけてきた金と銀。日本美術では、その光り輝く美しさを古くから造形に活かしてきました。特に絵画では、金銀の砂子を散らした絵巻や、ふんだんに金銀を使った豪華な屛風をはじめ、ジャンルを問わず幅広く活用されています。金と銀の用い方は時代によって違いが見出せますが、その中でも、独創性と革新性という点で、最も大きな飛躍を遂げたのが近代・現代です。このたび山種美術館では、金と銀の使用法がひときわ多彩になる明治時代以降の日本画に焦点をあて、その魅力に迫る展覧会を開催いたします。

近代を迎え、新時代に相応(ふさわ)しい新たな日本の絵画を生み出そうと、画家たちは様々な技法を試行錯誤しました。その一つとして、岩絵具にはない金と銀のメタリックな輝きや、加工に適した性質を活用していきます。伝統的に金と銀が担ってきた装飾性、権力や宗教の象徴性などに捉われず、多様な表現のために取り入れていったのです。

横山大観(1868-1958)は、柔和な光の表現を求め、金箔を裏面に用いた特殊な和紙で《喜撰山》(山種美術館)を完成させました。また、速水御舟(1894-1935)は、金砂子を敷き詰める「撒きつぶし」の技法で《名樹散椿》【重要文化財】(山種美術館)の空間を表現し、川端龍子(1885-1966)は、平安の紺紙金泥経に着想を得て、紺地に金を対比させた《草の実》(大田区立龍子記念館)を制作しました。戦後になると、金と銀の表現は新たな局面へと向かいます。山本丘人(1900-1986)は、斬新な手法により、金銀の箔や泥(でい)に対する新たなアプローチを行いました。一方、加山又造(1927-2004)は、金銀の素材の可能性を追求しながら、古典的な様式と現代的な感覚を融合させた作品世界を生み出しています。

本展では、近代・現代の画家が用いた金と銀の表現の足跡をたどるとともに、その発想の源となった平安時代の料紙装飾や江戸時代の琳派の絵画などもあわせて展示します。また、作品に用いられた様々な技法を再現する見本を新たに制作し、金と銀の素材に技を込めた画家たちの試みにも迫ります。今なお私たちを魅了し、輝き続ける金と銀の世界をご堪能ください。


川端龍子《草の実》
大田区立龍子記念館

松岡映丘《春光春衣》

速水御舟《名樹散椿》
【重要文化財】

田渕俊夫《輪中の村》

横山大観《喜撰山》

山本丘人《真昼の火山》
※所蔵先の記載のない作品画像は、すべて山種美術館蔵