展覧会

開催中の展覧会

【特別展】没後15年記念 東山魁夷と日本の四季
会期: 2014年11月22日(土)~2015年2月1日(日)
※会期中、一部展示替えあり。年末年始は、12月29日(月)~2015年1月2日(金)の間休館。
前期:11月22日(土)~12月21日(日)
後期:12月23日(火・祝)~2月1日(日)
本展において、前期・後期で展示替えをする作品は以下のとおりです。
それ以外の出品作品はすべて全期間の展示予定です。
【前期のみの展示】
No. 39 東山魁夷《萬緑新》(宮内庁)
   11月22日(土)~12月21日(日)まで
【後期のみの展示】
No. 13 東山魁夷《「朝明けの潮」のための中下図 1/6》(東京国立近代美術館)
No. 40 東山魁夷《白い朝》(東京国立近代美術館)
   12月23日(火・祝)~2月1日(日)まで
【前期と後期で場面替え】
No. 7 川﨑小虎《草花絵巻(春・秋)》(山種美術館)
   12月23日(火・祝)より場面替え
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、11/24、1/12は開館、11/25、1/13は休館、12/29~1/2年末年始休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800)円・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの割引:会期中、着物でご来館のお客様は、団体割引料金となります。
※ 複数の割引の併用はできません。
出品作品: 東山魁夷《樹根》(目黒区美術館)、 《白い壁》 《月出づ》 《春来る丘》(以上、山種美術館)、 《春を呼ぶ丘》(長谷川町子美術館)、 川合玉堂《早乙女》 《渓雨紅樹》、 結城素明《秋の山路(秋景山水)》、 山口蓬春《梅雨晴》、 加藤栄三《流離の灯》(以上、山種美術館)ほか
●京洛四季連作:東山魁夷《春静》 《緑潤う》 《秋彩》 《年暮る》(以上、山種美術館)、 《夏に入る》(市川市東山魁夷記念館)、 《秋寂び》、 《北山初雪》(川端康成記念会)、 《雪の後》ほか
●皇居宮殿にちなんだ作品:安田靫彦《万葉和歌》、 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》、 上村松篁《日本の鳥・日本の花》、 橋本明治《朝陽桜》、 東山魁夷《満ち来る潮》(以上、山種美術館)
ほか、約60点
※出品内容には変更が入る場合があります。

「昭和の国民画家」と称され、日本各地の自然と風景を詩情豊かに描き続けた日本画家・東山魁夷(1908-1999)。その没後15年を記念し、当館では「日本の四季」をテーマに、魁夷の画業を師や仲間の作品とともに振り返る展覧会を開催いたします。

風景画家としてスタートを切った昭和20年代以降、《樹根》(目黒区美術館)や《白い壁》(山種美術館)のようにユニークな構図と造形美で風景を描き、新しい時代の日本画に挑戦していた魁夷は、日本のみならずヨーロッパを遍歴して各地を描き続けました。やがて昭和40年代には、東宮御所と皇居宮殿の二つの壁画制作、および作家・川端康成の言葉をきっかけに着手した「京洛四季」の連作を通して、その意識は繊細な日本の四季の移ろいと自然美の伝統的な表現へと回帰していきます。

なかでも、昭和43年に新築された皇居宮殿のために描かれた《朝明けの潮》(宮内庁)は、日本の伝統的なやまと絵に見られる自然美と装飾美を併せ持った作品として高い評価を得、当時、この作品を目にする機会を得た当館初代館長の山﨑種二の心をとらえました。種二は、宮殿の絵画をひろく人々が鑑賞することができるようにと、同趣作品の制作を直接画家たちに依頼しました。こうして、揮毫された全長9メートルに及ぶ魁夷の《満ち来る潮》をはじめ、橋本明治《朝陽桜》、上村松篁《日本の鳥・日本の花》などの作品群は、現在では山種コレクションの中でも重要な位置をしめています。本展では、これら皇居宮殿ゆかりの絵画の一挙公開に加え、「京洛四季」連作の《年暮る》(山種美術館)、《夏に入る》(市川市東山魁夷記念館)、《北山初雪》(川端康成記念会)、さらには白い馬が象徴的な《春を呼ぶ丘》(長谷川町子美術館)など日本各地を描いた魁夷の代表作を集めて展示します。

また、魁夷に風景と向き合う姿勢を教えた師である川合玉堂や結城素明、ともに研鑽を積んだ東京美術学校の同窓生・山田申吾や加藤栄三らの作品もあわせて展示し、魁夷が辿ってきた画業の道程をより広い見地からご覧いただきます。

121201_07.jpg
東山魁夷《年暮る》
img1411_02.jpg
東山魁夷《北山初雪》川端康成記念会

東山魁夷《春を呼ぶ丘》長谷川町子美術館
121201_07.jpg
東山魁夷《満ち来る潮》
img1411_02.jpg
川合玉堂《渓雨紅樹》

橋本明治《朝陽桜》

山口蓬春《新宮殿杉戸楓 4分の1下絵》
※所蔵先の記載のない作品画像は、すべて山種美術館蔵