展覧会
HOME > 展覧会 > 次回の展覧会

次回の展覧会

170829-00.png
会期: 2017年8月29日(火)~10月22日(日)
*会期中、一部展示替えあり
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日
(但し、9/18(月)、10/9(月)は開館、9/19(火)、10/10(火)は休館)
入館料: 一般1000円(800円)・大高生800円(700)円・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
リピーター割引:使用済み入場券(有料)のご提出で会期中の入館料が団体割引料金となります(1名様1枚につき1回限り有効)。
※リピーター割引は、同一の展覧会を2回目以降にご覧いただく場合に有効。
 他の展覧会の入場券はご使用いただけません。
※ 複数の割引の併用はできません。
主な出品作品: 約90点 (出品作品および展示期間は都合により変更される場合があります。) ※会期中、一部展示替えあり。◆前期: 8/29-9/24、◇後期: 9/26-10/22、無記載は全期間展示。
上村松園 《蛍》、《夕照》、《新蛍》、《夕べ》、《砧》、《春芳》、《つれづれ》、《詠哥》、《牡丹雪》、
《庭の雪》ほか全18点
浮世絵 鈴木春信《柿の実とり》◆、《梅の枝折り》◇、鳥居清長《当世遊里美人合 橘妓と若衆》◇、
喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》◆、月岡芳年《風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗》◇◎ほか
近代日本画 菱田春草《桜下美人図》、鏑木清方《伽羅》、今村紫紅《大原の奥》、池田輝方《夕立》、小林古径《河風》、
奥村土牛《舞妓》、小倉遊亀《舞う(舞妓・芸者)》、伊東深水《婦人像》、《吉野太夫》、橋本明治《舞》、《秋意》
片岡球子《北斎の娘おゑい》、北沢映月《想(樋口一葉)》、森田曠平《出雲阿国》ほか
洋画 和田英作《黄衣の少女》、林武《少女》、《立てる舞妓》ほか
※◎以外は、すべて山種美術館蔵
関連イベント:

「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語り、生涯を通じて女性たちの姿を描き続けた上村松園(1875-1949)。

当館創立者で初代館長の山﨑種二(1893-1983)は松園と親しく交流しました。そのことから、現在、山種美術館には、《蛍》、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など、代表作を含む18点が所蔵され、日本屈指の松園コレクションとして知られています。本展では、この全18点を一挙公開するとともに、さまざまな画家たちによって描かれた女性に注目いたします。

まず、浮世絵美人では、世界で数枚しか現存が確認されていない稀少な鈴木春信《梅の枝折り》の華奢な娘の姿、「東洋のヴィーナス」と称された八頭身に、当時流行の着物をまとった鳥居清長の美女たち、喜多川歌麿の艶やかで魅惑的な女性の姿をご覧いただきます。さらに、他所蔵先より拝借し、今回が初公開となる月岡芳年の代表作《風俗三十二相》を特別に展示します。「うるささう」、「にくらしさう」など、芳年ならではのウィットに富んだ切り口によって描き出された、女性たちの豊かな表情をお楽しみください。

一方、当館の近代絵画コレクションからは、菱田春草や池田輝方による江戸風俗の女性たち、和田英作、鏑木清方、伊東深水、橋本明治らの作品にみる古今の和装や洋装の美人、小倉遊亀、片岡球子などの女性画家が描く凛とした女性たちなど、バラエティに富んだ美人画をご覧いただきます。

江戸時代から現代にいたる、上村松園をはじめとする画家たちの、多彩な美人画の精華をお楽しみください。

本展の
みどころ
1.山種コレクションの松園作品全18点を、一挙公開!
上村松園は当館創立者・山﨑種二が親しく交流した画家。山種美術館の松園コレクションは本画の数では日本最大規模とされる。松園の代表作《蛍》、《砧》、《牡丹雪》を含む当館所蔵の松園作品全点を一挙公開する貴重な機会。
2.ファッション、装いにも注目しながら作品を鑑賞できる!
浮世絵に描かれた江戸時代の美人たちから、近代・現代の日本画や洋画に描かれた和装美人、洋装美人が会場に集合。松園もこだわった、画中の女性たちの髪型やファッションをお楽しみください。
3.画家の個性が反映された舞妓と芸者たち、大集合!
美貌だけでなく、知性と芸を身につけた舞妓や芸妓は、多くの画家の心をとらえた画題でした。
同画題だからこそ気づく、男性画家と女性画家の視点の違いや、画家の個性あふれる表現をご覧ください。
上村松園 《夕照》
上村松園 《夕照》
上村松園 《夕べ》
上村松園 《夕べ》
上村松園 《砧》
上村松園 《砧》
上村松園 《つれづれ》
上村松園 《つれづれ》
上村松園 《庭の雪》
上村松園 《庭の雪》
鈴木春信 《梅の枝折り》
鈴木春信 《梅の枝折り》◇
喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》
喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》◆
月岡芳年《風俗三十二相》のうち「うるささう」
月岡芳年《風俗三十二相》のうち「うるささう」◎◇
菱田春草 《桜下美人図》
菱田春草 《桜下美人図》
池田輝方 《夕立》
池田輝方 《夕立》
小林古径 《河風》
小林古径 《河風》
奥村土牛 《舞妓》
奥村土牛 《舞妓》
橋本明治 《秋意》
橋本明治 《秋意》
和田英作 《黄衣の少女》
和田英作 《黄衣の少女》
※◎以外は、すべて山種美術館蔵